ブランド品が高額なのはどうして?

現代ではさまざまなブランドがブランド品と呼ばれるような商品を世に送り出すようになっていますが、そのほとんどは多くの人にとって高額な商品として扱われることになります。

だからこそ価値があると言われればそうなのですが、しかし中にはどうしてブランド品になるとこうも高額になるのかということについて疑問を持っているような人もいるでしょう。
ではどうしてブランド品は高額なのかというと、その理由としては第一に「生産コストが高いから」というのが挙げられます。



例えば大きな工場でパートの女性がミシンを使って縫う服と、人生をかけて服飾のことを学んできた職人が縫製をするのではやはり仕上がりに差が出ます。

この差こそが高級商品を生みだすわけですが、職人を雇うにはやはり相当なコストがかかるものです。

上質なデザインをできるデザイナー、それを忠実に再現できる職人、そしてそのデザインを実現するに足る確かな素材となってくると生産コストもかなり高くなりますので、販売価格を高額にしなくては採算が取れないということになるわけです。


また高額で販売することで「ステータスとしての価値を持たせる」という意味もあります。



1万円のバッグを持っている人よりも50万円のバッグを持っている人の方が、見ている人からすると裕福な人だ、社会的地位の高い人だと見てもらえる可能性が上がります。
しかし同じものであっても販売価格が値崩れを起こしてしまっているとそれなりの人間だとしか見てもらえなくなりますから、ブランドは意図的に価格を上げてステータスとしての意味を持たせているのです。

教えて!gooの情報を求める人におすすめのサイトです。

ブランド品が高いのは何も利益だけを求めてのことではありません。

高額だからこそ意味があるという側面も非常に強いものですから、この点を忘れないようにしましょう。